シニアジョブ広報ブログ

株式会社シニアジョブ(https://corp.senior-job.co.jp)の広報ブログです。

緊急告知!「今までで一番おもしろい」(?)創業秘話が日刊ゲンダイで掲載予定!

こんにちは。

シニアジョブ広報の安彦です!

 

少々、煽り気味のタイトルになりましたが、この度、日刊ゲンダイさんの取材を受け、社長の中島のインタビューが掲載予定となりました!

紙面での掲載予定日は、前編が6月6日(土)、後編が13日(土)です。

Web版『日刊ゲンダイDIGITAL』での掲載予定日は、紙面の翌日である7日(日)、14日(日)です。

 

おそらく16時頃にはコンビニで購入できると思いますので、ぜひ、お読みください!

続きを読む

来年施行される「70歳就業法」に関する社長コラムまとめ

こんにちは。

シニアジョブ広報の安彦です。

 

今週は社長の連載コラムが3本、集中して公開・掲載されました。

週刊ビル経営せいび界ビジネス+ITの3つのメディアで、どのコラムも来年4月1日に施行される「70歳就業法」についての内容でした。

f:id:seniorjob_pr:20200529184048p:plain

 

同じテーマを扱うコラムが3本、同じ週の公開となったのは、それぞれのメディアの事情も含め、まったくの偶然ですが、今年3月31日に「70歳就業法」が成立して以来、「70歳まで働く」ということに注目が集まっていることが、背景にあるといえるでしょう。

 

今回はせっかくなので、すべて社長の執筆コラムではありますが、「70歳就業法」に関するコラムのまとめを行ってみたいと思います。

続きを読む

「経済界」さんに掲載、こんな太っ腹な神メディアだったとは!

こんにちは!

シニアジョブ広報の安彦です!

 

本日発売の経営者向けビジネス誌「経済界」7・8月合併号に、弊社代表取締役 中島康恵のインタビューが掲載されました!!

f:id:seniorjob_pr:20200522151755j:plain

 

「企業EYE」のコーナー、109ページです。

創業エピソードやこれまでの実績などを語っているので、ぜひ、お読みいただきたいのですが・・・・

続きを読む

広報と運

こんにちは。

シニアジョブ広報の安彦です。

 

今日、触れてみたいのは「広報と運」というテーマ。

f:id:seniorjob_pr:20200522131236j:plain

アイキャッチ画像にこんなパワーストーンの画像を使ってみましたが、スピリチュアルな話をするつもりではありません。

当然、広報の成果を運のせいにして逃げようというつもりもないのですが、広報の仕事は他の仕事より、一般に言うところの「運」のような要素が大事なのではないかと思うのです。

では、その「運のような要素」とは、どんな分解ができるのか、何か努力が通用する部分はないのか、というのが今日のお話です。

続きを読む

社長がテクノロジーファーストについて語っている件

こんにちは。

シニアジョブ広報の安彦です。

 

弊社には2020年5月7日現在、公式ブログが2つあります。

社長ブログとこの広報ブログです。

この他にエンジニアさんが個人的に書いているブログや、採用担当さんが新卒採用媒体で書いているブログなどがあります。

 

社長ブログはこんな感じ。

f:id:seniorjob_pr:20200507095638p:plain

正式名称は「シニアジョブCEOブログ」ですが、コーポレートサイトでは「代表ブログ」になってますし、社長ブログと呼んだりもしています。

広報ブログ内では便宜上、社長ブログで進めます。

続きを読む

オンライン・メディアキャラバンを初めて企画・実践してみた話

こんにちは。

シニアジョブ広報の安彦です。

 

先日、BtoB/IT広報勉強会さんのオンライン交流会で、「オンライン・メディアキャラバン」という話を聞きました。

聞いただけで実践してみなければなんにもならんだろうと思い、とにかくやってみようということで、聞いた翌日から行動。

本日2件、実践してみました。

続きを読む

在宅勤務のインターナルコミュニケーション不足対策でアンケート活用?

こんにちは。

シニアジョブ広報の安彦です。

 

今月はほとんどテレワークです。

GW明けまではテレワークです。

四六時中、WEB会議システムがミュートでログインしっぱなしなので他のメンバーの顔は見ているし、朝は社長とミニミーティングやってるし、なにかあればビジネスチャットですぐ聞けるのだけど、やはりオフィスいる時のようなコミュニケーションはできません。

 

いわゆるひとつの「インターナルコミュニケーションの不足」です。

 

インターナルコミュニケーションは社外コミュニケーションの源泉になるので、その不足はやがて広報活動全体の衰退につながります。

これはどうにかしないといけない。

続きを読む